命を留める。

春の手仕事で、桜の塩漬けがある。

 

季節もの、にプラスしてそこに意味が付け加わった。

“命を留める”作業。

儚く、美しいとされる一瞬の命を留めることに

わたしは一体どんな想いを馳せるだろうか。

3年越しの手仕事。

毎日眺めてみては、丁寧に変化を感じ取ってみたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です