“わたしが出た”理由。

今“ここ”に居続けることが、わたしにはとてもできなかった。

心が壊れかけてた。

何でこれ以上、わたしだけが我慢しなければならないのか。

何よりも、もう、限界だった。

 

もう、なにも信用できなかった。

裏切られた、という気持ちが大きすぎた。

自分で、自分の力で、“ここ”を出て行くことが、

わたしの精一杯のプライドだった。

 

自分の足でここに飛び込み、

自分の足で“ここ”を去ることができた。

自分で決めて,自分で行動を起こせたこと。

 

 

小さなわたしの、自信。

 

いつか、絶対に、この行動を起こせた自分に

大きく感謝するときがくるとおもう。

 

まだ先のことだから、それはこっそり心に持っておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です